no title
1:
喫茶店の倒産が2019年、過去20年で最多に迫るペースで推移していることが東京商工リサーチの調べで28日までに分かった。大手コーヒーチェーンやレジ横で入れたてを提供する「コンビニカフェ」の攻勢、タピオカドリンクの流行など消費者の好みの多様化も響く。消費税増税で軽減税率の対象外となったことも追い打ちで、苦境に拍車が掛かる恐れもある。

 「近所の喫茶店が次々と店を閉めている」。大阪市で30年以上喫茶店を経営する堀敬治さん(72)は肩を落とす。08年のリーマン・ショックを機に売り上げが落ち込んだ経験もある。10月に飲み物を10円値上げする予定だ。
https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019092801001396.html

2:
毎朝コンビニコーヒーです

3:
「消費税増税で軽減税率の対象外となったことも追い打ち」これ関係ないだろ
これからもっと社会保障費が膨らむんだからどうせ生き残れないさ

4:
だって、個人店入りにくいもん

28:
>>4
こんな感じか…

店長「...(誰だこいつは)」

常連「...(誰こいつ)」

俺「..(えっ、何だこの雰囲気)」

46:
>>28
そうそう!

80:
>>46
そんなお店で何も言わずに自分好みのcoffeeが出て来る日迄足繁く通うのが良い。
何年通っても無意味なチェーン店に行くのが退屈極まりない。

82:
>>80
個人店経営者の本音を聞くとゲンナリしていく気がなくなる。
コーヒー一杯で粘りやがってとか便所まで使いやがったとか。
チェーン店は基本的にそういうことを感じないので気兼ねなく入れる。
喫茶店に入る目的が時間潰しとかだからな。

129:
>>82
客としては店から無関心でいて欲しい場合が多い
チェーン店はスタッフも雇われだし色々な客がいて当然そうなるからね
その意味で落ち着く

147:
>>28
それ喫茶店に限らないね
個人商店が敬遠される理由がまさにそれ

168:
>>147
昔は普通に入ってたけどいつごろから入りづらくなったのかな
今はもう絶対入れんわ(笑)

5:
もう貧しくて喫茶店に入れない。

6:
個人店は代替わりが難しい。
息子は店を継がないから、老いたら閉めるしかない。

55:
>>6
その一方で、勤めが嫌で継ぎたがる息子娘も結構多いけどな。
家業があるとそれを逃げ道にしたがる30代40代結構多い。
稀にオーガニックとかフェアトレードとか意識高い系の店に衣替えしてメディアに取り上げられる成功例もある。

7:
100円コーヒー時代憎らしいコンビニ

8:
個人経営でも「カフェ」は新規出店するのは見かけるけれどな。
個人経営の「喫茶店」が新規出店するのを最近ってか数十年見かけたことが無いわな。

15:
>>8
「喫」がもう絶滅に追いやられてるからね
「茶店」じゃお茶屋さんみたいだし

53:
>>15
喫茶の喫は喫煙の喫じゃねえよばーか

157:
>>53
「喫茶」という単語を「喫」と「茶」で分ける馬鹿がいるとは思わなかったw
喫茶って茶を飲むって意味だぞ

79:
>>8
日本だとその2つは意味同じじゃないのか?
緑茶カフェとか訳わからん店もあるしな
漫画喫茶=ネットカフェなんてのは完全に別の娯楽施設になっとるが

10:
コンビニオーナーが被害者面してるけど、まわりに迷惑かけてるんじゃねえか。

22:
>>10
てか、供給過剰でデフレなのに分からないバカな経営者たちが、焦土作戦をしてるんだよな。頑張っても仕方がないのに、脳筋達を馬車馬のように走らせて自分等の首を絞めてるのよ。

11:
今の時代、大手のチェーンとコンビニコーヒーだけで普通に無理でしょ
趣味でないと保たないよ

引用元: ・【飲食】喫茶店の倒産、最多に迫る 大手チェーンやコンビニ攻勢